“エンジェルがたくさん舞い降りて、ビクトリーの
1人1人にギフトの冠を授けてくださっています…”
そう、断言したのはラミさん23歳。
彼女はフィリピン出身で、子供の頃、神からの掲示を受け
伝導の道を選んだ。
アメリカの神学校を卒業後し、日本で伝導活動をしていたが
今週フィリピンに帰国するので、その前にビクトリーに寄ってくれたのだった。
留学中、経済的に困りマカデミアナッツを拾い売ることで
生計を立てたこともあったという。
“このナッツの一つ一つが、これからあなたが教えることになる
子供達を意味している…”
そう、神からメッセージがあったので、心を込めて拾っていたそうだ。
彼女は証の他にも、歌声を披露してくれた。
まさに天使の歌声だった。
ビクトリーには神の臨在と大きな祝福があることが再確認できた
ひと時だった‼️
感謝します。
アーメン