今回のテーマは、「強い信仰」についてです。

パスター・スペンサーは、聖書の中の「なが血を患っていた女」について、マタイとルカのそれぞれの描写を例に挙げながら興味深い話をされました。

「この女性は出血が止まらず、医者にも恵まれず、苦しんでいました…12年間もです! でも、彼女は決して、諦めなかった…治ると期待して信じていたのです!」パスターは語ります。彼女はイエス様の着物の裾を触りさえすれば、治る!と信じそのために力を振り絞り、イエス様のもとに来ました。

そして、イエス様の着物に触れ、見事に治ったのです!「あなたの信仰があなたの病いを治したのです。」とイエス様は彼女に名言を語ります。強い信仰は、全てを叶えます。

私たちしだいなのです!

神様は私たちの準備が整えば、誰にでも、何でも、いくらでも恵みをくださいます。

信じましょう、求めましょう、祈りましょう。

主は良い方です!

ハレルヤ