聖書を読もう

« Previous Week Next Week »

2020年 01月 20日

マタイ 16

マタイ 16:1 パリサイ人《びと》やサドカイ人《びと》たちがみそばに寄《よ》って来《き》て、イエスをためそうとして、天《てん》からのしるしを見《み》せてくださいと頼《たの》んだ。
マタイ 16:2 しかし、イエスは彼《かれ》らに答《こた》えて言《い》われた。「あなたがたは、夕《ゆう》方《がた》には、『夕《ゆう》焼《や》けだから晴《は》れる』と言《い》うし、
マタイ 16:3 朝《あさ》には、『朝《あさ》焼《や》けでどんよりしているから、きょうは荒《あ》れ模《も》様《よう》だ』と言《い》う。そんなによく、空《そら》模《も》様《よう》の見《み》分《わ》け方《かた》を知《し》っていながら、なぜ時《とき》のしるしを見《み》分《わ》けることができないのですか。
マタイ 16:4 悪《わる》い、姦《かん》淫《いん》の時《じ》代《だい》はしるしを求《もと》めています。しかし、ヨナのしるしのほかには、しるしは与《あた》えられません。」そう言《い》って、イエスは彼《かれ》らを残《のこ》して去《さ》って行《い》かれた。
マタイ 16:5 弟《で》子《し》たちは向《む》こう岸《ぎし》に行《い》ったが、パンを持《も》って来《く》るのを忘《わす》れた。
マタイ 16:6 イエスは彼《かれ》らに言《い》われた。「パリサイ人《びと》やサドカイ人《びと》たちのパン種《だね》には注《ちゅう》意《い》して気《き》をつけなさい。」
マタイ 16:7 すると、彼《かれ》らは、「これは私たちがパンを持《も》って来《こ》なかったからだ」と言《い》って、議《ぎ》論《ろん》を始《はじ》めた。
マタイ 16:8 イエスはそれに気《き》づいて言《い》われた。「あなたがた、信《しん》仰《こう》の薄《うす》い人《ひと》たち。パンがないからだなどと、なぜ論《ろん》じ合《あ》っているのですか。
マタイ 16:9 まだわからないのですか、覚《おぼ》えていないのですか。五つのパンを五千人《にん》に分《わ》けてあげて、なお幾《いく》かご集《あつ》めましたか。
マタイ 16:10 また、七つのパンを四千人《にん》に分《わ》けてあげて、なお幾《いく》かご集《あつ》めましたか。
マタイ 16:11 わたしの言《い》ったのは、パンのことなどではないことが、どうしてあなたがたには、わからないのですか。ただ、パリサイ人《びと》やサドカイ人《びと》たちのパン種《だね》に気《き》をつけることです。」
マタイ 16:12 彼《かれ》らはようやく、イエスが気《き》をつけよと言《い》われたのは、パン種《だね》のことではなくて、パリサイ人《びと》やサドカイ人《びと》たちの教《おし》えのことであることを悟《さと》った。
マタイ 16:13 さて、ピリポ・カイザリヤの地《ち》方《ほう》に行《い》かれたとき、イエスは弟《で》子《し》たちに尋《たず》ねて言《い》われた。「人《ひと》々《びと》は人《ひと》の子《こ》をだれだと言《い》っていますか。」
マタイ 16:14 彼《かれ》らは言《い》った。「バプテスマのヨハネだと言《い》う人《ひと》もあり、エリヤだと言《い》う人《ひと》もあります。またほかの人《ひと》たちはエレミヤだとか、また預《よ》言《げん》者《しゃ》のひとりだとも言《い》っています。」
マタイ 16:15 イエスは彼《かれ》らに言《い》われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言《い》いますか。」
マタイ 16:16 シモン・ペテロが答《こた》えて言《い》った。「あなたは、生《い》ける神《かみ》の御《み》子《こ》キリストです。」
マタイ 16:17 するとイエスは、彼《かれ》に答《こた》えて言《い》われた。「バルヨナ・シモン。あなたは幸《さいわ》いです。このことをあなたに明《あき》らかに示《しめ》したのは人《にん》間《げん》ではなく、天《てん》にいますわたしの父《ちち》です。
マタイ 16:18 ではわたしもあなたに言《い》います。あなたはペテロです。わたしはこの岩《いわ》の上《うえ》にわたしの教《きょう》会《かい》を建《た》てます。ハデスの門《もん》もそれには打《う》ち勝《か》てません。
マタイ 16:19 わたしは、あなたに天《てん》の御《み》国《くに》のかぎを上《あ》げます。何《なん》でもあなたが地《ち》上《じょう》でつなぐなら、それは天《てん》においてもつながれており、あなたが地《ち》上《じょう》で解《と》くなら、それは天《てん》においても解《と》かれています。」
マタイ 16:20 そのとき、イエスは、ご自《じ》分《ぶん》がキリストであることをだれにも言《い》ってはならない、と弟《で》子《し》たちを戒《いまし》められた。
マタイ 16:21 その時《とき》から、イエス・キリストは、ご自《じ》分《ぶん》がエルサレムに行《い》って、長《ちょう》老《ろう》、祭《さい》司《し》長《ちょう》、律《りっ》法《ぽう》学《がく》者《しゃ》たちから多《おお》くの苦《くる》しみを受《う》け、殺《ころ》され、そして三《みっ》日《か》目《め》によみがえらなければならないことを弟《で》子《し》たちに示《しめ》し始《はじ》められた。
マタイ 16:22 するとペテロは、イエスを引《ひ》き寄《よ》せて、いさめ始《はじ》めた。「主《しゅ》よ。神《かみ》の御《み》恵《めぐ》みがありますように。そんなことが、あなたに起《お》こるはずはありません。」
マタイ 16:23 しかし、イエスは振《ふ》り向《む》いて、ペテロに言《い》われた。「下《さ》がれ。サタン。あなたはわたしの邪《じゃ》魔《ま》をするものだ。あなたは神《かみ》のことを思《おも》わないで、人《ひと》のことを思《おも》っている。」
マタイ 16:24 それから、イエスは弟《で》子《し》たちに言《い》われた。「だれでもわたしについて来《き》たいと思《おも》うなら、自《じ》分《ぶん》を捨《す》て、自《じ》分《ぶん》の十《じゅう》字《じ》架《か》を負《お》い、そしてわたしについて来《き》なさい。
マタイ 16:25 いのちを救《すく》おうと思《おも》う者《もの》はそれを失《うしな》い、わたしのためにいのちを失《うしな》う者《もの》は、それを見《み》いだすのです。
マタイ 16:26 人《ひと》は、たとい全《ぜん》世《せ》界《かい》を手《て》に入《い》れても、まことのいのちを損《そん》じたら、何《なん》の得《とく》がありましょう。そのいのちを買《か》い戻《もど》すのには、人《ひと》はいったい何《なに》を差《さ》し出《だ》せばよいでしょう。
マタイ 16:27 人《ひと》の子《こ》は父《ちち》の栄《えい》光《こう》を帯《お》びて、御《み》使《つか》いたちとともに、やがて来《こ》ようとしているのです。その時《とき》には、おのおのその行《おこな》いに応《おう》じて報《むく》いをします。
マタイ 16:28 まことに、あなたがたに告《つ》げます。ここに立《た》っている人《ひと》々《びと》の中《なか》には、人《ひと》の子《こ》が御《み》国《くに》とともに来《く》るのを見《み》るまでは、決《けっ》して死《し》を味《あじ》わわない人《ひと》々《びと》がいます。」

2020年 01月 21日

マタイ 17

マタイ 17:1 それから六《むい》日《か》たって、イエスは、ペテロとヤコブとその兄《きょう》弟《だい》ヨハネだけを連《つ》れて、高《たか》い山《やま》に導《みちび》いて行《い》かれた。
マタイ 17:2 そして彼《かれ》らの目《め》の前《まえ》で、御《み》姿《すがた》が変《か》わり、御《み》顔《かお》は太《たい》陽《よう》のように輝《かがや》き、御《み》衣《ころも》は光《ひかり》のように白《しろ》くなった。
マタイ 17:3 しかも、モーセとエリヤが現《あらわ》れてイエスと話《はな》し合《あ》っているではないか。
マタイ 17:4 すると、ペテロが口《くち》出《だ》ししてイエスに言《い》った。「先《せん》生《せい》。私たちがここにいることは、すばらしいことです。もし、およろしければ、私が、ここに三つの幕《まく》屋《や》を造《つく》ります。あなたのために一つ、モーセのために一つ、エリヤのために一つ。」
マタイ 17:5 彼《かれ》がまだ話《はな》している間《あいだ》に、見《み》よ、光《ひか》り輝《かがや》く雲《くも》がその人《ひと》々《びと》を包《つつ》み、そして、雲《くも》の中《なか》から、「これは、わたしの愛《あい》する子《こ》、わたしはこれを喜《よろこ》ぶ。彼《かれ》の言《い》うことを聞《き》きなさい」という声《こえ》がした。
マタイ 17:6 弟《で》子《し》たちは、この声《こえ》を聞《き》くと、ひれ伏《ふ》して非《ひ》常《じょう》にこわがった。
マタイ 17:7 すると、イエスが来《こ》られて、彼《かれ》らに手《て》を触《ふ》れ、「起《お》きなさい。こわがることはない」と言《い》われた。
マタイ 17:8 それで、彼《かれ》らが目《め》を上《あ》げて見《み》ると、だれもいなくて、ただイエスおひとりだけであった。
マタイ 17:9 彼《かれ》らが山《やま》を降《お》りるとき、イエスは彼《かれ》らに、「人《ひ》の《と》子《こ》が死《し》人《にん》の中《なか》からよみがえるときまでは、いま見《み》た幻《まぼろし》をだれにも話《はな》してはならない」と命《めい》じられた。
マタイ 17:10 そこで、弟《で》子《し》たちは、イエスに尋《たず》ねて言《い》った。「すると、律《りっ》法《ぽう》学《がく》者《しゃ》たちが、まずエリヤが来《く》るはずだと言《い》っているのは、どうしてでしょうか。」
マタイ 17:11 イエスは答《こた》えて言《い》われた。「エリヤが来《き》て、すべてのことを立《た》て直《なお》すのです。
マタイ 17:12 しかし、わたしは言《い》います。エリヤはもうすでに来《き》たのです。ところが彼《かれ》らはエリヤを認《みと》めようとせず、彼《かれ》に対《たい》して好《す》き勝《かっ》手《て》なことをしたのです。人《ひと》の子《こ》もまた、彼《かれ》らから同《おな》じように苦《くる》しめられようとしています。」
マタイ 17:13 そのとき、弟《で》子《し》たちは、イエスがバプテスマのヨハネのことを言《い》われたのだと気《き》づいた。
マタイ 17:14 彼《かれ》らが群《ぐん》衆《しゅう》のところに来《き》たとき、ひとりの人《ひと》がイエスのそば近《ちか》くに来《き》て、御《み》前《まえ》にひざまずいて言《い》った。
マタイ 17:15 「主《しゅ》よ。私の息《むす》子《こ》をあわれんでください。てんかんで、たいへん苦《くる》しんでおります。何《なん》度《ど》も何《なん》度《ど》も火《ひ》の中《なか》に落《お》ちたり、水《みず》の中《なか》に落《お》ちたりいたします。
マタイ 17:16 そこで、その子《こ》をお弟《で》子《し》たちのところに連《つ》れて来《き》たのですが、直《なお》すことができませんでした。」
マタイ 17:17 イエスは答《こた》えて言《い》われた。「ああ、不《ふ》信《しん》仰《こう》な、曲《ま》がった今《いま》の世《よ》だ。いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。その子《こ》をわたしのところに連《つ》れて来《き》なさい。」
マタイ 17:18 そして、イエスがその子《こ》をおしかりになると、悪《あく》霊《れい》は彼《かれ》から出《で》て行《い》き、その子《こ》はその時《とき》から直《なお》った。
マタイ 17:19 そのとき、弟《で》子《し》たちはそっとイエスのもとに来《き》て、言《い》った。「なぜ、私たちには悪《あく》霊《れい》を追《お》い出《だ》せなかったのですか。」
マタイ 17:20 イエスは言《い》われた。「あなたがたの信《しん》仰《こう》が薄《うす》いからです。まことに、あなたがたに告《つ》げます。もし、からし種《だね》ほどの信《しん》仰《こう》があったら、この山《やま》に、『ここからあそこに移《うつ》れ』と言《い》えば移《うつ》るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。
マタイ 17:21 〔ただし、この種《しゅ》のものは、祈《いの》りと断《だん》食《じき》によらなければ出《で》て行《い》きません。〕」
マタイ 17:22 彼《かれ》らがガリラヤに集《あつ》まっていたとき、イエスは彼《かれ》らに言《い》われた。「人《ひと》の子《こ》は、いまに人《ひと》々《びと》の手《て》に渡《わた》されます。
マタイ 17:23 そして彼《かれ》らに殺《ころ》されるが、三《みっ》日《か》目《め》によみがえります。」すると、彼《かれ》らは非《ひ》常《じょう》に悲《かな》しんだ。
マタイ 17:24 また、彼《かれ》らがカペナウムに来《き》たとき、宮《みや》の納《のう》入《にゅう》金《きん》を集《あつ》める人《ひと》たちが、ペテロのところに来《き》て言《い》った。「あなたがたの先《せん》生《せい》は、宮《みや》の納《のう》入《にゅう》金《きん》を納《おさ》めないのですか。」
マタイ 17:25 彼《かれ》は「納《おさ》めます」と言《い》って、家《いえ》に入《はい》ると、先《さき》にイエスのほうからこう言《い》い出《だ》された。「シモン。どう思《おも》いますか。世《よ》の王《おう》たちはだれから税《ぜい》や貢《みつぎ》を取《と》り立《た》てますか。自《じ》分《ぶん》の子《こ》どもたちからですか、それともほかの人《ひと》たちからですか。」
マタイ 17:26 ペテロが「ほかの人《ひと》たちからです」と言《い》うと、イエスは言《い》われた。「では、子《こ》どもたちにはその義《ぎ》務《む》がないのです。
マタイ 17:27 しかし、彼《かれ》らにつまずきを与《あた》えないために、湖《みずうみ》に行《い》って釣《つ》りをして、最《さい》初《しょ》に釣《つ》れた魚《うお》を取《と》りなさい。その口《くち》をあけるとスタテル一枚《まい》が見《み》つかるから、それを取《と》って、わたしとあなたとの分《ぶん》として納《おさ》めなさい。」

2020年 01月 22日

マタイ 18

マタイ 18:1 そのとき、弟《で》子《し》たちがイエスのところに来《き》て言《い》った。「それでは、天《てん》の御《み》国《くに》では、だれが一《いち》番《ばん》偉《えら》いのでしょうか。」
マタイ 18:2 そこで、イエスは小《ちい》さい子《こ》どもを呼《よ》び寄《よ》せ、彼《かれ》らの真《ま》ん中《なか》に立《た》たせて、
マタイ 18:3 言《い》われた。「まことに、あなたがたに告《つ》げます。あなたがたも悔《く》い改《あらた》めて子《こ》どもたちのようにならない限《かぎ》り、決《けっ》して天《てん》の御《み》国《くに》には、入《はい》れません。
マタイ 18:4 だから、この子《こ》どものように、自《じ》分《ぶん》を低《ひく》くする者《もの》が、天《てん》の御《み》国《くに》で一《いち》番《ばん》偉《えら》い人《ひと》です。
マタイ 18:5 また、だれでも、このような子《こ》どものひとりを、わたしの名《な》のゆえに受《う》け入《い》れる者《もの》は、わたしを受《う》け入《い》れるのです。
マタイ 18:6 しかし、わたしを信《しん》じるこの小《ちい》さい者《もの》たちのひとりにでもつまずきを与《あた》えるような者《もの》は、大《おお》きい石《いし》臼《うす》を首《くび》にかけられて、湖《みずうみ》の深《ふか》みでおぼれ死《し》んだほうがましです。
マタイ 18:7 つまずきを与《あた》えるこの世《よ》はわざわいだ。つまずきが起《お》こるのは避《さ》けられないが、つまずきをもたらす者《もの》はわざわいだ。
マタイ 18:8 もし、あなたの手《て》か足《あし》の一つがあなたをつまずかせるなら、それを切《き》って捨《す》てなさい。片《かた》手《て》片《かた》足《あし》でいのちに入《はい》るほうが、両《りょう》手《て》両《りょう》足《あし》そろっていて永《えい》遠《えん》の火《ひ》に投《な》げ入《い》れられるよりは、あなたにとってよいことです。
マタイ 18:9 また、もし、あなたの一《いっ》方《ぽう》の目《め》が、あなたをつまずかせるなら、それをえぐり出《だ》して捨《す》てなさい。片《かた》目《め》でいのちに入《はい》るほうが、両《りょう》目《め》そろっていて燃《も》えるゲヘナに投《な》げ入《い》れられるよりは、あなたにとってよいことです。
マタイ 18:10 あなたがたは、この小《ちい》さい者《もの》たちを、ひとりでも見《み》下《さ》げたりしないように気《き》をつけなさい。まことに、あなたがたに告《つ》げます。彼《かれ》らの天《てん》の御《み》使《つか》いたちは、天《てん》におられるわたしの父《ちち》の御《み》顔《かお》をいつも見《み》ているからです。
マタイ 18:11 〔人《ひ》の《と》子《こ》は、失《うしな》われている者《もの》を救《すく》うために来《き》たのです。〕
マタイ 18:12 あなたがたはどう思《おも》いますか。もし、だれかが百匹《ぴき》の羊《ひつじ》を持《も》っていて、そのうちの一匹《ぴき》が迷《まよ》い出《で》たとしたら、その人《ひと》は九十九匹《ひき》を山《やま》に残《のこ》して、迷《まよ》った一匹《ぴき》を捜《さが》しに出《で》かけないでしょうか。
マタイ 18:13 そして、もし、いたとなれば、まことに、あなたがたに告《つ》げます。その人《ひと》は迷《まよ》わなかった九十九匹《ひき》の羊《ひつじ》以《い》上《じょう》にこの一匹《ぴき》を喜《よろこ》ぶのです。
マタイ 18:14 このように、この小《ちい》さい者《もの》たちのひとりが滅《ほろ》びることは、天《てん》にいますあなたがたの父《ちち》のみこころではありません。
マタイ 18:15 また、もし、あなたの兄《きょう》弟《だい》が罪《つみ》を犯《おか》したなら、行《い》って、ふたりだけのところで責《せ》めなさい。もし聞《き》き入《い》れたら、あなたは兄《きょう》弟《だい》を得《え》たのです。
マタイ 18:16 もし聞《き》き入《い》れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連《つ》れて行《い》きなさい。ふたりか三人《にん》の証《しょう》人《にん》の口《くち》によって、すべての事《じ》実《じつ》が確《かく》認《にん》されるためです。
マタイ 18:17 それでもなお、言《い》うことを聞《き》き入《い》れようとしないなら、教《きょう》会《かい》に告《つ》げなさい。教《きょう》会《かい》の言《い》うことさえも聞《き》こうとしないなら、彼《かれ》を異《い》邦《ほう》人《じん》か取《しゅ》税《ぜい》人《にん》のように扱《あつか》いなさい。
マタイ 18:18 まことに、あなたがたに告《つ》げます。何《なん》でもあなたがたが地《ち》上《じょう》でつなぐなら、それは天《てん》においてもつながれており、あなたがたが地《ち》上《じょう》で解《と》くなら、それは天《てん》においても解《と》かれているのです。
マタイ 18:19 まことに、あなたがたにもう一度《ど》、告《つ》げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事《こと》でも、地《ち》上《じょう》で心《こころ》を一つにして祈《いの》るなら、天《てん》におられるわたしの父《ちち》は、それをかなえてくださいます。
マタイ 18:20 ふたりでも三人《にん》でも、わたしの名《な》において集《あつ》まる所《ところ》には、わたしもその中《なか》にいるからです。」
マタイ 18:21 そのとき、ペテロがみもとに来《き》て言《い》った。「主《しゅ》よ。兄《きょ》弟《うだ》が《い》私に対《たい》して罪《つみ》を犯《おか》した場《ば》合《あい》、何《なん》度《ど》まで赦《ゆる》すべきでしょうか。七度《ど》まででしょうか。」
マタイ 18:22 イエスは言《い》われた。「七度《ど》まで、などとはわたしは言《い》いません。七度《ど》を七十倍《ばい》するまでと言《い》います。
マタイ 18:23 このことから、天《てん》の御《み》国《くに》は、地《ち》上《じょう》の王《おう》にたとえることができます。王《おう》はそのしもべたちと清《せい》算《さん》をしたいと思《おも》った。
マタイ 18:24 清《せい》算《さん》が始《はじ》まると、まず一万タラントの借《か》りのあるしもべが、王《おう》のところに連《つ》れて来《こ》られた。
マタイ 18:25 しかし、彼《かれ》は返《へん》済《さい》することができなかったので、その主《しゅ》人《じん》は彼《かれ》に、自《じ》分《ぶん》も妻《さい》子《し》も持《も》ち物《もの》全《ぜん》部《ぶ》も売《う》って返《へん》済《さい》するように命《めい》じた。
マタイ 18:26 それで、このしもべは、主《しゅ》人《じん》の前《まえ》にひれ伏《ふ》して、『どうかご猶《ゆう》予《よ》ください。そうすれば全《ぜん》部《ぶ》お払《はら》いいたします』と言《い》った。
マタイ 18:27 しもべの主《しゅ》人《じん》は、かわいそうに思《おも》って、彼《かれ》を赦《ゆる》し、借《しゃっ》金《きん》を免《めん》除《じょ》してやった。
マタイ 18:28 ところが、そのしもべは、出《で》て行《い》くと、同《おな》じしもべ仲《なか》間《ま》で、彼《かれ》から百デナリの借《か》りのある者《もの》に出《で》会《あ》った。彼《かれ》はその人《ひと》をつかまえ、首《くび》を絞《し》めて、『借《しゃっ》金《きん》を返《かえ》せ』と言《い》った。
マタイ 18:29 彼《かれ》の仲《なか》間《ま》は、ひれ伏《ふ》して、『もう少《すこ》し待《ま》ってくれ。そうしたら返《かえ》すから』と言《い》って頼《たの》んだ。
マタイ 18:30 しかし彼《かれ》は承《しょう》知《ち》せず、連《つ》れて行《い》って、借《しゃっ》金《きん》を返《かえ》すまで牢《ろう》に投《な》げ入《い》れた。
マタイ 18:31 彼《かれ》の仲《なか》間《ま》たちは事《こと》の成《な》り行《ゆ》きを見《み》て、非《ひ》常《じょう》に悲《かな》しみ、行《い》って、その一《いち》部《ぶ》始《し》終《じゅう》を主《しゅ》人《じん》に話《はな》した。
マタイ 18:32 そこで、主《しゅ》人《じん》は彼《かれ》を呼《よ》びつけて言《い》った。『悪《わる》いやつだ。おまえがあんなに頼《たの》んだからこそ借《しゃっ》金《きん》全《ぜん》部《ぶ》を赦《ゆる》してやったのだ。
マタイ 18:33 私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲《なか》間《ま》をあわれんでやるべきではないか。』
マタイ 18:34 こうして、主《しゅ》人《じん》は怒《いか》って、借《しゃっ》金《きん》を全《ぜん》部《ぶ》返《かえ》すまで、彼《かれ》を獄《ごく》吏《り》に引《ひ》き渡《わた》した。
マタイ 18:35 あなたがたもそれぞれ、心《こころ》から兄《きょう》弟《だい》を赦《ゆる》さないなら、天《てん》のわたしの父《ちち》も、あなたがたに、このようになさるのです。」

2020年 01月 23日

マタイ 19

マタイ 19:1 イエスはこの話《はなし》を終《お》えると、ガリラヤを去《さ》って、ヨルダンの向《む》こうにあるユダヤ地《ち》方《ほう》に行《い》かれた。
マタイ 19:2 すると、大《おお》ぜいの群《ぐん》衆《しゅう》がついて来《き》たので、そこで彼《かれ》らをいやされた。
マタイ 19:3 パリサイ人《びと》たちがみもとにやって来《き》て、イエスを試《こころ》みて、こう言《い》った。「何《なに》か理《り》由《ゆう》があれば、妻《つま》を離《り》別《べつ》することは律《りっ》法《ぽう》にかなっているでしょうか。」
マタイ 19:4 イエスは答《こた》えて言《い》われた。「創《そ う》造《ぞ う》者《し ゃ》は、初《はじ》めから人《ひと》を男《おとこ》と女《おんな》に造《つく》って、
マタイ 19:5 『それゆえ、人《ひと》は父《ちち》と母《はは》を離《はな》れ、その妻《つま》と結《むす》ばれ、ふたりは一《いっ》体《たい》となる』と言《い》われたのです。それを、あなたがたは読《よ》んだことがないのですか。
マタイ 19:6 それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人《ひと》は、神《かみ》が結《むす》び合《あ》わせたものを引《ひ》き離《はな》してはなりません。」
マタイ 19:7 彼《かれ》らはイエスに言《い》った。「では、モーセはなぜ、離《り》婚《こん》状《じょう》を渡《わた》して妻《つま》を離《り》別《べつ》せよ、と命《めい》じたのですか。」
マタイ 19:8 イエスは彼《かれ》らに言《い》われた。「モーセは、あなたがたの心《こころ》がかたくななので、その妻《つま》を離《り》別《べつ》することをあなたがたに許《ゆる》したのです。しかし、初《はじ》めからそうだったのではありません。
マタイ 19:9 まことに、あなたがたに告《つ》げます。だれでも、不《ふ》貞《てい》のためでなくて、その妻《つま》を離《り》別《べつ》し、別《べつ》の女《おんな》を妻《つま》にする者《もの》は姦《かん》淫《いん》を犯《おか》すのです。」
マタイ 19:10 弟《で》子《し》たちはイエスに言《い》った。「もし妻《つま》に対《たい》する夫《おっと》の立《たち》場《ば》がそんなものなら、結《けっ》婚《こん》しないほうがましです。」
マタイ 19:11 しかし、イエスは言《い》われた。「そのことばは、だれでも受《う》け入《い》れることができるわけではありません。ただ、それが許《ゆる》されている者《もの》だけができるのです。
マタイ 19:12 というのは、母《はは》の胎《たい》内《ない》から、そのように生《う》まれついた独《どく》身《しん》者《しゃ》がいます。また、人《ひと》から独《どく》身《しん》者《しゃ》にさせられた者《もの》もいます。また、天《てん》の御《み》国《くに》のために、自《じ》分《ぶん》から独《どく》身《しん》者《しゃ》になった者《もの》もいるからです。それができる者《もの》はそれを受《う》け入《い》れなさい。」
マタイ 19:13 そのとき、イエスに手《て》を置《お》いて祈《いの》っていただくために、子《こ》どもたちが連《つ》れて来《こ》られた。ところが、弟《で》子《し》たちは彼《かれ》らをしかった。
マタイ 19:14 しかし、イエスは言《い》われた。「子《こ》どもたちを許《ゆる》してやりなさい。邪《じゃ》魔《ま》をしないでわたしのところに来《こ》させなさい。天《てん》の御《み》国《くに》はこのような者《もの》たちの国《くに》なのです。」
マタイ 19:15 そして、手《て》を彼《かれ》らの上《うえ》に置《お》いてから、そこを去《さ》って行《い》かれた。
マタイ 19:16 すると、ひとりの人《ひと》がイエスのもとに来《き》て言《い》った。「先《せん》生《せい》。永《えい》遠《えん》のいのちを得《え》るためには、どんな良《よ》いことをしたらよいのでしょうか。」
マタイ 19:17 イエスは彼《かれ》に言《い》われた。「なぜ、良《よ》いことについて、わたしに尋《たず》ねるのですか。良《よ》い方《かた》は、ひとりだけです。もし、いのちに入《はい》りたいと思《おも》うなら、戒《いまし》めを守《まも》りなさい。」
マタイ 19:18 彼《かれ》は「どの戒《いまし》めですか」と言《い》った。そこで、イエスは言《い》われた。「殺《こ》し《ろ》てはならない。姦《かん》淫《いん》してはならない。盗《ぬす》んではならない。偽《ぎ》証《しょう》をしてはならない。
マタイ 19:19 父《ちち》と母《はは》を敬《うやま》え。あなたの隣《となり》人《びと》をあなた自《じ》身《しん》のように愛《あい》せよ。」
マタイ 19:20 この青《せい》年《ねん》はイエスに言《い》った。「そのようなことはみな、守《まも》っております。何《なに》がまだ欠《か》けているのでしょうか。」
マタイ 19:21 イエスは彼《かれ》に言《い》われた。「もし、あなたが完《かん》全《ぜん》になりたいなら、帰《かえ》って、あなたの持《も》ち物《もの》を売《う》り払《はら》って貧《まず》しい人《ひと》たちに与《あた》えなさい。そうすれば、あなたは天《てん》に宝《たから》を積《つ》むことになります。そのうえで、わたしについて来《き》なさい。」
マタイ 19:22 ところが、青《せい》年《ねん》はこのことばを聞《き》くと、悲《かな》しんで去《さ》って行《い》った。この人《ひと》は多《おお》くの財《ざい》産《さん》を持《も》っていたからである。
マタイ 19:23 それから、イエスは弟《で》子《し》たちに言《い》われた。「まことに、あなたがたに告《つ》げます。金《かね》持《も》ちが天《てん》の御《み》国《くに》に入《はい》るのはむずかしいことです。
マタイ 19:24 まことに、あなたがたにもう一度《ど》、告《つ》げます。金《かね》持《も》ちが神《かみ》の国《くに》に入《はい》るよりは、らくだが針《はり》の穴《あな》を通《とお》るほうがもっとやさしい。」
マタイ 19:25 弟《で》子《し》たちは、これを聞《き》くと、たいへん驚《おどろ》いて言《い》った。「それでは、だれが救《すく》われることができるのでしょう。」
マタイ 19:26 イエスは彼《かれ》らをじっと見《み》て言《い》われた。「それは人《ひと》にはできないことです。しかし、神《かみ》にはどんなことでもできます。」
マタイ 19:27 そのとき、ペテロはイエスに答《こた》えて言《い》った。「ご覧《らん》ください。私たちは、何《なに》もかも捨《す》てて、あなたに従《したが》ってまいりました。私たちは何《なに》がいただけるでしょうか。」
マタイ 19:28 そこで、イエスは彼《かれ》らに言《い》われた。「まことに、あなたがたに告《つ》げます。世《よ》が改《あらた》まって人《ひと》の子《こ》がその栄《えい》光《こう》の座《ざ》に着《つ》く時《とき》、わたしに従《したが》って来《き》たあなたがたも十二の座《ざ》に着《つ》いて、イスラエルの十二の部《ぶ》族《ぞく》をさばくのです。
マタイ 19:29 また、わたしの名《な》のために、家《いえ》、兄《きょう》弟《だい》、姉《し》妹《まい》、父《ちち》、母《はは》、子《こ》、あるいは畑《はたけ》を捨《す》てた者《もの》はすべて、その幾《いく》倍《ばい》もを受《う》け、また永《えい》遠《えん》のいのちを受《う》け継《つ》ぎます。
マタイ 19:30 ただ、先《さき》の者《もの》があとになり、あとの者《もの》が先《さき》になることが多《おお》いのです。

2020年 01月 24日

マタイ 20

マタイ 20:1 天《てん》の御《み》国《くに》は、自《じ》分《ぶん》のぶどう園《えん》で働《はたら》く労《ろう》務《む》者《しゃ》を雇《やと》いに朝《あさ》早《はや》く出《で》かけた主《しゅ》人《じん》のようなものです。
マタイ 20:2 彼《かれ》は、労《ろう》務《む》者《しゃ》たちと一日《にち》一デナリの約《やく》束《そく》ができると、彼《かれ》らをぶどう園《えん》にやった。
マタイ 20:3 それから、九時《じ》ごろに出《で》かけてみると、別《べつ》の人《ひと》たちが市《いち》場《ば》に立《た》っており、何《なに》もしないでいた。
マタイ 20:4 そこで、彼《かれ》はその人《ひと》たちに言《い》った。『あなたがたも、ぶどう園《えん》に行《い》きなさい。相《そう》当《とう》のものを上《あ》げるから。』
マタイ 20:5 彼《かれ》らは出《で》て行《い》った。それからまた、十二時《じ》ごろと三時《じ》ごろに出《で》かけて行《い》って、同《おな》じようにした。
マタイ 20:6 また、五時《じ》ごろ出《で》かけてみると、別《べつ》の人《ひと》たちが立《た》っていたので、彼《かれ》らに言《い》った。『なぜ、一日《にち》中《じゅう》仕《し》事《ごと》もしないでここにいるのですか。』
マタイ 20:7 彼《かれ》らは言《い》った。『だれも雇《やと》ってくれないからです。』彼《かれ》は言《い》った。『あなたがたも、ぶどう園《えん》に行《い》きなさい。』
マタイ 20:8 こうして、夕《ゆう》方《がた》になったので、ぶどう園《えん》の主《しゅ》人《じん》は、監《かん》督《とく》に言《い》った。『労《ろう》務《む》者《しゃ》たちを呼《よ》んで、最《さい》後《ご》に来《き》た者《もの》たちから順《じゅん》に、最《さい》初《しょ》に来《き》た者《もの》たちにまで、賃《ちん》金《ぎん》を払《はら》ってやりなさい。』
マタイ 20:9 そこで、五時《じ》ごろに雇《やと》われた者《もの》たちが来《き》て、それぞれ一デナリずつもらった。
マタイ 20:10 最《さい》初《しょ》の者《もの》たちがもらいに来《き》て、もっと多《おお》くもらえるだろうと思《おも》ったが、彼《かれ》らもやはりひとり一デナリずつであった。
マタイ 20:11 そこで、彼《かれ》らはそれを受《う》け取《と》ると、主《しゅ》人《じん》に文《もん》句《く》をつけて、
マタイ 20:12 言《い》った。『この最《さい》後《ご》の連《れん》中《ちゅう》は一時《じ》間《かん》しか働《はたら》かなかったのに、あなたは私たちと同《おな》じにしました。私たちは一日《にち》中《じゅう》、労《ろう》苦《く》と焼《や》けるような暑《あつ》さを辛《しん》抱《ぼう》したのです。』
マタイ 20:13 しかし、彼《かれ》はそのひとりに答《こた》えて言《い》った。『友《とも》よ。私はあなたに何《なに》も不《ふ》当《とう》なことはしていない。あなたは私と一デナリの約《やく》束《そく》をしたではありませんか。
マタイ 20:14 自《じ》分《ぶん》の分《ぶん》を取《と》って帰《かえ》りなさい。ただ私としては、この最《さい》後《ご》の人《ひと》にも、あなたと同《おな》じだけ上《あ》げたいのです。
マタイ 20:15 自《じ》分《ぶん》のものを自《じ》分《ぶん》の思《おも》うようにしてはいけないという法《ほう》がありますか。それとも、私が気《き》前《まえ》がいいので、あなたの目《め》にはねたましく思《おも》われるのですか。』
マタイ 20:16 このように、あとの者《もの》が先《さき》になり、先《さき》の者《もの》があとになるものです。」
マタイ 20:17 さて、イエスは、エルサレムに上《のぼ》ろうとしておられたが、十二弟《で》子《し》だけを呼《よ》んで、道《みち》々《みち》彼《かれ》らに話《はな》された。
マタイ 20:18 「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向《む》かって行《い》きます。人《ひと》の子《こ》は、祭《さい》司《し》長《ちょう》、律《りっ》法《ぽう》学《がく》者《しゃ》たちに引《ひ》き渡《わた》されるのです。彼《かれ》らは人《ひと》の子《こ》を死《し》刑《けい》に定《さだ》めます。
マタイ 20:19 そして、あざけり、むち打《う》ち、十《じゅう》字《じ》架《か》につけるため、異《い》邦《ほう》人《じん》に引《ひ》き渡《わた》します。しかし、人《ひと》の子《こ》は三《みっ》日《か》目《め》によみがえります。」
マタイ 20:20 そのとき、ゼベダイの子《こ》たちの母《はは》が、子《こ》どもたちといっしょにイエスのもとに来《き》て、ひれ伏《ふ》して、お願《ねが》いがありますと言《い》った。
マタイ 20:21 イエスが彼《かの》女《じょ》に、「どんな願《ねが》いですか」と言《い》われると、彼《かの》女《じょ》は言《い》った。「私のこのふたりの息《むす》子《こ》が、あなたの御《み》国《くに》で、ひとりはあなたの右《みぎ》に、ひとりは左《ひだり》にすわれるようにおことばを下《くだ》さい。」
マタイ 20:22 けれども、イエスは答《こた》えて言《い》われた。「あなたがたは自《じ》分《ぶん》が何《なに》を求《もと》めているのか、わかっていないのです。わたしが飲《の》もうとしている杯《さかずき》を飲《の》むことができますか。」彼《かれ》らは「できます」と言《い》った。
マタイ 20:23 イエスは言《い》われた。「あなたがたはわたしの杯《さかずき》を飲《の》みはします。しかし、わたしの右《みぎ》と左《ひだり》にすわることは、このわたしの許《ゆる》すことではなく、わたしの父《ちち》によってそれに備《そな》えられた人《ひと》々《びと》があるのです。」
マタイ 20:24 このことを聞《き》いたほかの十人《にん》は、このふたりの兄《きょう》弟《だい》のことで腹《はら》を立《た》てた。
マタイ 20:25 そこで、イエスは彼《かれ》らを呼《よ》び寄《よ》せて、言《い》われた。「あなたがたも知《し》っているとおり、異《い》邦《ほう》人《じん》の支《し》配《はい》者《しゃ》たちは彼《かれ》らを支《し》配《はい》し、偉《えら》い人《ひと》たちは彼《かれ》らの上《うえ》に権《けん》力《りょく》をふるいます。
マタイ 20:26 あなたがたの間《あいだ》では、そうではありません。あなたがたの間《あいだ》で偉《えら》くなりたいと思《おも》う者《もの》は、みなに仕《つか》える者《もの》になりなさい。
マタイ 20:27 あなたがたの間《あいだ》で人《ひと》の先《さき》に立《た》ちたいと思《おも》う者《もの》は、あなたがたのしもべになりなさい。
マタイ 20:28 人《ひと》の子《こ》が来《き》たのが、仕《つか》えられるためではなく、かえって仕《つか》えるためであり、また、多《おお》くの人《ひと》のための、贖《あがな》いの代《だい》価《か》として、自《じ》分《ぶん》のいのちを与《あた》えるためであるのと同《おな》じです。」
マタイ 20:29 彼《かれ》らがエリコを出《で》て行《い》くと、大《おお》ぜいの群《ぐん》衆《しゅう》がイエスについて行《い》った。
マタイ 20:30 すると、道《みち》ばたにすわっていたふたりの盲《もう》人《じん》が、イエスが通《とお》られると聞《き》いて、叫《さけ》んで言《い》った。「主《しゅ》よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子《こ》よ。」
マタイ 20:31 そこで、群《ぐん》衆《しゅう》は彼《かれ》らを黙《だま》らせようとして、たしなめたが、彼《かれ》らはますます、「主《しゅ》よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子《こ》よ」と叫《さけ》び立《た》てた。
マタイ 20:32 すると、イエスは立《た》ち止《ど》まって、彼《かれ》らを呼《よ》んで言《い》われた。「わたしに何《なに》をしてほしいのか。」
マタイ 20:33 彼《かれ》らはイエスに言《い》った。「主《しゅ》よ。この目《め》をあけていただきたいのです。」
マタイ 20:34 イエスはかわいそうに思《おも》って、彼《かれ》らの目《め》にさわられた。すると、すぐさま彼《かれ》らは見《み》えるようになり、イエスについて行《い》った。